2017 / 08
≪ 2017 / 07 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - 2017 / 09 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★マンドリンとは?

1700年頃、イタリアのナポリで生まれた撥弦楽器で、胴の形は果実の「いちじく」を2つに割った形によく例えられます。一般的なマンドリンは弦の本数が8本で、同じ高さの弦が2本ずつ4組あり、低い音からそれぞれG(ソ)D(レ)A(ラ)E(ミ)です。これらはヴァイオリンと同じ音階ですが、弓を用いるヴァイオリンと違い、マンドリンの奏法としては主に、ピックで弦をはじくピッキングと、 ピッキングの素早い繰り返しで音が伸びているように聞かせる トレモロがあります。

マンドリンの仲間にはマンドラ・マンドセロ・マンドローネ等があり、順に一回り大きくなっていきます。マンドリンオーケストラとは、通常「第1マンドリン(通称1st)」「第2マンドリン(通称2nd)」「マンドラ」「マンドセロ(マンドチェロ)」「クラシックギター」「コントラバス」で構成されており、曲に応じてマンドローネ・フルート、クラリネット等の管楽器・ティンパニ等の打楽器が用いられることもあります。


さらに詳しくWikipedia-マンドリン
      Wikipedia-マンドリンオーケストラ




スポンサーサイト

この記事へコメントする















KGMC

Author:KGMC
FC2ブログへようこそ!

関西学院大学文化総部       マンドリンクラブ         〒662-8501           兵庫県西宮市上ヶ原一番町1-155
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。